忍者ブログ

仕組

NEW ENTRY

(06/01)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/16:50

集団ストーカーってなあに

以下は3月時点での自分の話です。警察に送った公益通報から、一部修正しています。現在はもっと悪化して、何だか変な人がたくさん付き纏って来るようになりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数年前から、自分の名前で匿名掲示板等に嫌がらせのようなものが書き込まれるようになり、
名前や個人情報、前日に送ったメールの文面、付き合っている人の誕生日や名前など様々なものが侮蔑表現と共に書き込まれて大変気味の悪い思いをしていました。友人等の感想も同じでした。洗濯物の窃盗の後、それについて書き込まれていた事もあります。削除出来なかった為、その後は黙って、たまにとんでもない事が書かれていないかチェックする程度にしていました。

1年程前、自分のブログを開設した頃からひどく悪化し、笑われるかもしれませんが一部のメディア媒体を利用した被害すら感じるようになりました。
現実離れした話なので、これ以上その被害については書きません。

その後引っ越して、一時的に掲示板での嫌がらせも無くなったかのように思っていましたが、数ヶ月程してまた書かれるようになりました。
その内容は徐々にメール文のみならず、部屋で話した事やまるで見ていたような内容まで含まれるようになりました。

部屋にはウェブカメラ内蔵型のパソコンが置いてあります。
最近、ウェブカメラを勝手にONにするタイプのマルウェアがDLされているのに気付きました。この型のスパイウェアは遠隔で、パソコン上のデータと、電源を入れてる時の室内の音声や映像を盗みます。

漏洩していると思われる情報は、それだけではありませんでした。もう一つのパソコンからのデータも抜けていたのです。
そちらの方はWLANカードも抜いていて、有線のインターネットにも接続した事が無いものだったので、残る可能性はタッピングやテンペストと呼ばれる、犯人が近距離にいなければ不可能な読取技術だけでした。

私は、近隣に犯人がいる可能性を疑うようになりました。
隣の手前の人は、数ヶ月前に入居人が入れ替わり、その頃から被害が再開しているので最も可能性が高いと思いました。(※この更新の直前に見掛けたんですが、さっきその部屋に出入りしていた人は、冬に見た人と別人でした。表札は同じです。以前夜遅く、携帯で小声で話しながら入って行った人も、別人です。朝の5時頃に誰か来たりもします)
現在、もう一方の隣と下は空室ですが、たまに人の出入りする気配があります。機器のみ置いている可能性も考えました。隣の空室の奥には、2つしか部屋がありませんが、秋から最低6人以上の雰囲気の違う、家族などで無さそうな人達が、隣の空室かその奥のどちらかに(一番奥は無関係と考えて)、時間もまちまちに鍵を持って出入りしているのを見掛けました。

年明け頃から、最近言われている低周波や高周波、超音波機器等による被害ではないかと思われるような、電化製品の誤作動の多発、耳鳴り、断眠、皮膚のアレルギーや局所的な痛みなどが起こり始めました。家人も2~3時間おきの断眠や悪夢、肩凝りの悪化などに悩まされています。

先日、寝ようとした時に、急に強い耳鳴りが起こり、一体どこから来ているのだろうと奥側の隣との壁に耳を付けてみると、キュルルルル、、、キュルルルル、、、とひどく奇妙な電子音のようなものが聞こえます。試みに床にも耳を付けてみると、別のウーン…ウーン…といった、モーターのような低く小さな唸りがこちらからも聞こえます。
しばらくして耳鳴りがピタッと止み、再度両方を聞いてみると、どちらの音も消えていました。その少し後に耳鳴りが再開し、聞いてみると、今度は奥側の隣と真下の部屋からは音がせず、手前側の隣の部屋から、さっき床からしたのと同じような低い微振動音が聞こえるのです。

私は、すっかり恐ろしくなってしまいました。

どうしてこういった気味の悪い事になっているのか、さっぱりわかりません。思い込みであれば良いのですが、どうも違うようです。
被害が始まった頃は特に、社会的な知識も皆無で、思想トラブルにも犯罪にも縁がありません。友人も皆普通で、執拗に悪口を言うようなタイプでは無かったはずです。恨まれるような覚えもあまり無いのです。


どうか、こういった犯罪の現状について一刻も早く解明して頂き、一般に良い対策を取って頂ければと思います。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら