忍者ブログ

仕組

NEW ENTRY

(06/01)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/16:48

tvでの仄めかし

TVから、自分に関するキーワードを仄めかされる・・・ そんな事があるかって?

実際あったんです。それも一時期滅茶苦茶多かったんです。
どの局に合わせても、例えば数分間でも、幾つものキーワードが使用されている。昨日の(家の中での)会話、入力した単語、メール内容、今朝の食事、服装・・


昨年末までblogを書いていて、その内容との偶然の一致が非常に多いように見えたんで知人に聞くと、構成とかがネットをネタにする事があるらしいとの事。ふーん、と思っていたんですが、少々恐ろしくなってそのblogは閉鎖しました。

すると今度は、blogに載せてもいないような個人情報が使われるようになったんです。
しかも違法手段以外では取得し得ないような情報が。それが段々悪化して、頻度も増えるし悪意/侮辱/脅迫的表現と組み合わせられるといった風になって来ました。


こういった事は、自分が被害に遭わなければなかなか信じられないと思います。

私自身も数年前何かを見て「ほっ、仄めかしだ・・!」と叫んでいる知人を不思議に思い、「ホノメカシってなあに」と聞いた事があるのです。恐らくその時見たものに、知人に関係のあるキーワードが提示してあったのでしょうが、同じものを見たはずの自分は何も感じませんでした。


また「自分がいる場所には人がすごく増える」と言った人がいて、その時は「へえー、縁起がいいですね招き猫みたいじゃないですか」なんて馬鹿馬鹿しい返答をしたのですが、(実際その人が行く場所場所がすぐに混んで来る)いま思えばこの人達は、集団ストーカーに遭っていたのでしょう。

前者の方は、ある日片方の眼に血の固まりのようなものが浮いている事がありました。違うかもしれませんが、もしかすると電磁波攻撃の結果だったのかもしれません。
先月か先々月辺り、電磁波攻撃のさ中にいた私と家人にも、片方の白目部分に似たような血の滲みが出来ていたからです。


TVの話に戻ります。
例えば犯罪事件や芸能ニュースなどの情報がどうやって取得されているかを考えれば、マスコミが強いリサーチ力(手段を選ばないであろう)を既に持っている事は当然予想されます。
それを悪用しないかどうかは、外的審査の無い彼ら自身のモラルにのみ、掛かっているわけです。

なぜ有名人でもない一般人のリサーチが要るのか?

TVを見るのは一般人だからです。細かな描写、心理設定、場面設定、ストーリーの流れ、"こんな人いるいる"と思えるような身近な比喩、表現、この番組を見た視聴者の本当の感想は?視聴者が興味を持ちそうな事は?
そう言えば閉鎖したblogにはTVの感想を、9割方褒めて書いてました。彼らはTVを観る人の情報が欲しいのだから、批判blogより標的になり易かったかもしれません。

常に新しいネタを探し、しかもそれにリアリティを持たせる。その材料は、多忙な制作者が個人的に探しているのでしょうか?いえ、そういう商売があるのです。


※仄めかしが嫌で数ヶ月tvを見ていませんでしたが、ふと気が向いて点けてみると、数分程度の中に、各局で、まだすごくたくさん仄めかしが使われていました。
この2、3日中の部屋での会話、外食の内容、読んだ本の内容・・・
集ストが始まる以前は、全くそういった事は無かったんですが。「嫌がらせ」だけが目的なら、もう止めているはずなのでやっぱり「材料探し」も目的の一部なのでしょう。


もう一つ、番組内CMというのがあります。スポンサーの商品等をドラマに登場させたりするというものです。映像だけではない、単語での盛り込みもあるでしょう。スポンサーの商品を褒め、話題にし、それを基本に番組を構築する・・・

このように、番組内の会話やシナリオ、VTRに意識的に特定の単語を混ぜ込む下地は既にあったのです。


そういえば、近年出て来た復讐/嫌がらせ代行という商売を知っていますか?
嫌いな個人を精神的、社会的、実質的に抹殺し、その手段は合法的だと謳っています。推測の域を出ませんが、こういう時にmedia仄めかしのような手法があると便利なんじゃないでしょうか。


それから、有力な人達には彼らをバックアップしてくれる存在があります。自由な発言もままならない場合があるでしょう。

それぞれの支持母体が、それぞれに外敵をやっつける手段を所有する・・・
"外敵"を想定するのは内的結束を高め、不満を言わせない効果があるのでどの組織も利用するわけです。適当な敵がいない時は、無根拠なデッチ上げでもしないといけなくなります。

こういったインフラがたくさんあって、悪用する人はあちこちを使うのでしょう。

前回は付き纏いの人達が新興宗教風だと書いたのですが、仄めかしを多用する芸能人を見ていると、違う種類の思想があるという噂の人も多くて、一概には言えません。


まあでも、怨み屋で請け負ったターゲットの情報を使ってリサーチ料/工作料/内的モチを上げて低待遇でも文句言わせない・・・
といった事をする集団があれば、一挙三両得になりますね。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら