忍者ブログ

仕組

NEW ENTRY

(06/01)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/16:48

ある日曜9

それからもう一回喫茶店に入りました

22、ここではパルスはありませんでした。その心配も無さそうでした。
二階の席で真下は階段だけ、通路を挟んで厨房で、他の席は中二階のような少し離れた位置にあった為、後から入って来た人は誰も近くに座れません。元々両側に座っていた人達は、片方は寝ていて片方はカップルでテキストか何かを広げて黙々と勉強中で、しばらくは動きそうにありません。ここに入る事はドア前で不意に決めた為、待ち伏せも不可能だったようです。

偶然ですが、本当に良かったです。
ここで飲んだ紅茶が、この日一番おいしかったです。


しばらくすると仄めかしの人達が入って来て、中二階の方の席で幾つかキーワードを言っていました。
中年男性のやや低い、大きい声でした。私がblogに一旦upしてその後削除したり戻したり、何度か迷った単語などを「ーーだ、ーー過ぎる」相槌の人も「ーー」と繰り返していました。
遠かったので良かったです。




23、薬局に寄った後、道で腰に平たいポーチを付けた男性二人の片方に何か言われた(無関係かも)のでちょっと言い返したりして、
綺麗なビルの上の綺麗な雑貨屋とか本屋とかに行きました。雑貨屋には変っぽい人は入って来ませんでした。時間が短かったせいかもしれません。


本屋にしばらくいると、2人位しかいなかったのに15人位に増えてきました(日曜21時)。駅の本屋とかではないので、そんなに波があるとも思えません。それから、微振動のパルスを何度も当てられました。
この時店に入って来た人達の多くが'彼ら'と同じ怪しい感じで、リュックでごく質素な格好で、何となく近くに寄って来るような感じでした。

覚えているのは2人だけですが、
一人は20代女性で髪を頭の後ろの真ん中で括ってほつれた感じで、シンプルな格好でリュックを背負っていました。第5項の女の人によく似ていますが、はっきりはわかりません。
すぐ左で立ち読みしていた時に微振動を感じたので(後ろとかにも似た感じの人がいたので、そっちかもしれません)移動しました。

もう一人は20〜30前後の男性で、坊主でひょろりとして眼鏡をかけ色白で、赤っぽいリュックを背負って白っぽい簡単な服装をしていました。
2人とも第15項の人とちょっと似た、浮世離れした雰囲気がありました。



この坊主の人が、私が自分のマンション廊下で3回見掛けた人にそっくりなようなのです。上に書いた特徴は全て一緒です。始めはポスティングの人かと思っていましたが(行って戻って来ていたので)、ある日は隣の隣のドアから鍵をかけて出てました。

以前も書いたのですが、この奥側の方向は隣の空室を除くと2つしか部屋が無いのに、秋から最低6人以上の雰囲気の違う人達が、鍵を持って出入りしているのを見ました。
この人はその中の一人です。



パルスを避けながら立ち読みしているとその人が隣に来て、移動するとその人も移動し、曲がると曲がって、フラフラと5M程付いて来たように感じたので(もしかすると偶然かも知れませんが)、気味が悪くなって出ました。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら